頑固な便秘の解消法

便のもとは食事から摂る食べ物です。食事内容の見直しを行い、腸に良い食事を心がけてください。食物繊維が豊富に含まれている食べ物を選びましょう。食物繊維には水溶性のものと不溶性のものとがあります。水溶性の食物繊維は水に溶けすため、便を軟らかくする作用があり、果物や海藻類に多く含まれます。不溶性の食物繊維は、水に溶けず体内に入ると膨らんで腸壁を刺激し、ぜん動運動を起こす作用があります。繊維の多い野菜や根菜類、豆類、穀物に含まれます。どちらもバランス良く摂取するようにしましょう。

生活習慣の見直しも大事です。不規則な生活を送っていると知らないうちにストレスがたまり、自律神経が乱れてしまいます。腸のぜん動運動は、自律神経によって司られているため、乱れると便意が起こりにくくなってしまいます。腸のぜん動運動をしっかり起こすためには、夜0時には眠っているのが理想的です。

女性は筋肉量が少ないので、便を押し出す力が弱くいなりやすいです。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を取り入れ、腹筋を意識しながら行うと良いでしょう。運動する時間が作れない場合も、歩いているときに腹筋を意識したり、階段を使ったりすると運動を日常生活の中に取り入れることが出来ます。

冷え性気味の方は冷え取り靴下などを着用して体温を上げておくことも大切です。