チアシードで便秘解消

チアシードは、不溶性と水溶性の食物繊維が含まれているので、便秘解消に効果的だと注目され始めました。水を含むと10倍に膨らみゼリー状になるのですが、このゼリー状の成分は『グルコマンナン』です。こんにゃくにも含まれている食物繊維で、人間の体はこのグルコマンナンを消化することが出来ません。少しの量で満腹感を得られるためダイエット効果も期待できます。また、胃や小腸で吸収、消化されずに食物繊維が大腸にもしっかり届くので便秘解消になるのです。

日本国民は男女ともに食物繊維の摂取量が不足していると言われています。チアシードは食物繊維を4.1グラムも含んでいるのです。食物繊維が豊富だと言われている玄米には0.5グラム、大豆には2.2グラムしか食物繊維は含まれていません。少量食べるだけでこれらの倍の食物繊維の摂取をすることが可能になります。チアシードには食物繊維以外の栄養素も豊富に含まれています。オメガ3脂肪酸やカルシウム、鉄分、亜鉛、マグネシウムなど、普段の食事からバランス良く摂取するのが難しい栄養素の宝庫なのです。チアシードは生で食べることも出来ますが、水分を含むことでタピオカのようになるので、冷たいジュースやヨーグルトに混ぜることで膨らみ、満腹感も得られます。